倉庫会社の選び方2

2016/12/16

前回から引き続き協力会社(倉庫会社)の選び方の話です。

前回のメルマガでもご案内致しましたが、倉庫会社のサービス内容も非常に重要ですが、
「自社の求めるサービス水準や範囲」を設定頂くことが重要という話を書かせて頂きました。

▼前回の記事はこちら▼
http://www.wataryu.co.jp/blog/staff/3302/

では、「自社の求めるサービス水準や範囲」を設定した後は、どのような倉庫を選べばよいのでしょうか。


ポイントとしては・・・

1)同種の商材や業界の実績があるかどうか

2)実際の作業員まで作業ノウハウが浸透しているかどうか

上記2点だと考えています。


1)同種の商材や業界の実績があるかどうか

こちらについては、皆さま選定段階で自然と行っているかと思います。

同業界や似たような作業などをやっている倉庫であれば、やっぱり安心すると思います。

ただ、似たような作業という点については、注意が必要です。一見同じ商材や同じ業界でも、
業務フローや考え方が異なる場合があるからです。

例えば、当社の場合でも、「洋書」の取り扱いからスタートし、「国内の出版社」様の取り扱いを始めた
当初は、うまくいかないことが非常に多かったことを覚えています。

日本の出版社様の場合は、改装(返品書籍を再度良品状態にする作業)を行うことが当たり前ですが、
「洋書」の場合は改装という文化がありません。

出版社様の考え方にもよりますが、在庫品にダメージ品を出したくありませんから、
多少のキズであればOKという考え方になる出版社様もあります。

同じ書籍という分野でも、国内の出版社様と海外出版社様、流通経路や商品に対する考え方などが
異なっているだけで、倉庫会社とのギャップが発生する可能性があります。

こういった場合は、事前にしっかりとした打ち合わせを行う必要があると思います。


2)実際の作業員まで作業ノウハウが浸透しているかどうか

これについては、各倉庫会社で実施している倉庫見学などに伺って、倉庫現場を見てみる、
話を聞いてみるのが良いと思います。

現場の担当者の方が、小さなことでも改善を積み重ねている倉庫であれば安心です。

現場に掲示物を貼っている、色で分けて視覚的にわかるようにしている、などなんでも良いと思います。

そういった倉庫であれば、仮に初めての業務や慣れない業務だとしても、徐々に改善して
やりやすい方法の提案や効率化を図ってくれると思います。

我々倉庫会社は、倉庫設備を除けば、人件費とそれに関わる経費が大半を占めます。

それだけに「人」の教育や体制構築は手を抜けません。

皆様の会社の大事な荷物を預けるわけですから、誰だって、きちんとした人、信頼できる人、
信頼できる会社に預かって欲しいと思いますよね。


今回書かせて頂いた内容が、「正解!」という訳ではありませんが、是非、信頼できるパートナー企業を
選んで頂ければと思います。

当社も皆様にとってより良いパートナーとなれるよう頑張ります。

レッツゴー

2016/12/14

はじめまして。
今年入社しました、竹の塚営業所の宮崎です。
笑顔で楽しむことをモットーに、毎日元気に働いております。

しかし最近は、夕方になるにつれて髪は乱れ、腰はまがり、PALさん達に「おばあさん!!!」と
いわれることもしばしば。
仕事と家の往復で、若さを失いつつありました。

このままじゃいかん、若く生きねばと思い、車に乗り込み、富士山に向かって東名高速を走りぬけ


都心から2時間、向かった先は・・・

どーん



  \富士急ハイランド!!!!!/





初めて来てしまいました。

行きたくて行きたくて、何度YouTubeを見たことか。そんな憧れの場所が目の前に・・・。

テンションMAXです。


1番はじめに乗ったのは、
KING OF COASTERS 「FUJIYAMA」


「いやあああああああああああああああ」

「きゃあああああああああああああああ」


2時間近く並んだことも忘れてしまうくらいの
爽・快・感!!!!
何度でも乗りたいですね~。内臓が浮く感じがたまらないのです。

そのあと、いくつか乗り、目が回ってきたところで、ついに、ついに、乗ってしまいました。


総回転数世界一のローラーコースター 「ええじゃないか」


靴を脱いで、座席にがっちり固定されて、後ろ向き、空を見上げながら出発。
いまどこなのかもわからないまま、どんどんのぼっていく。

ぺちゃくちゃと話していたら、“くるん”と座席が回り、いきなり地面とこんにちは。

そこから、真っ逆さまに落下。


「い゛や゛あ゛あああああああああああああああああああああああああああ」


……………。


激しく振り回されました。いろんな恐怖で必死。とにかく必死。

落ちる瞬間に、写真が撮られるんですけども、笑顔でピースなんて余裕はなく、
がっちがちの引きつり顔。

まるで般若のような顔に・・・。 ええじゃないか。



そんなこんなで、アドレナリンが大放出され、若さと元気を取り戻してきました。

あしたからも元気にいきましょ。

宮﨑

倉庫会社の選び方

2016/12/02

こんにちは、営業部の市川です。
今回は倉庫会社の選び方と題して、少し真面目な話題をさせて頂きます。

皆様は、倉庫会社(協力会社)を選ぶ際に、どういった基準で選んでいますか?

1)コスト
2)事業規模(大手)
3)同業の実績

様々の基準があると思います。

例えば、PCを買う場合、NEC、富士通、日本HP、Lenovoなど様々なメーカー機種があります。
私もよくやってしまいますが、とりあえず高スペックで安いものを選んでしまいがちです。
ですが、本来はそのスペックが自分にとって、もしくは自分がやりたいことにとって、
必要なことなのかをきちんと吟味する必要があります。

我々のような倉庫会社(物流会社)などのサービス業会社も同様です。
お客様が求めていらっしゃるサービス内容がお客様毎に違うので、
弊社のサービスを基本に、必ずカスタマイズを加えてご提案・ご提供します。

従って、高スペックを求めれば求めるだけ費用が掛かってきてしまうのです。
先ほどのPCの例でいえば、自宅でインターネットや動画少々見る程度であれば、
5万円~20万円程度のPCであれば十分です。
高スペックを求めれば50万円以上なんていうPCもありますが、一般的な用途で
自宅で使う場合には必要ないでしょう。

当社でご提案をさせて頂く際は、当社のサービス内容についても説明させて頂きますが、
必ず貴社にとって

「何が必要か」

「どこまで必要か」

「絶対に譲れない条件はなにか」

といった業務範囲や業務レベルを確認します。

譲れない条件が「価格」なのか「時間」なのかによって、やり方や業務フローが変わってくるからです。
条件が「価格」なのであれば、長期間の日程をもらい、業務を行った方が安くできます。

例えば、当社で行っていたCDの発送作業でも同じような経験をしたことがあります。
お昼過ぎの13時頃までに商品が入荷し、当日中に数百件分の荷物を出荷しなければならない
という案件でした。
午前中に作業が出来ないため、人員の確保とその作業コストについては、毎度、頭を悩ませていました。

上記例のように、業務の波があるにも関わらず、当日出荷しなければならない場合などは、
出荷が多い時期、時間帯に合わせて人員を用意しておく必要があるので、出荷がない時でも
人件費がかかってしまう可能性があります。

「コスト」については、各業者間でも違いがありますが、何より

「どういった仕様なのか」

が、最もコストに反映されます。

物流サービスについて「高いなあ」と感じることはあると思いますが、「協力会社」を変えるという
選択肢と共に、「やり方」「条件」を変えるということでコストダウンを図っては如何でしょうか。

過去の記事

ワタナベ流通
東京都新宿区西早稲田2-12-5 ワタナベビル
TEL 03-3203-8489
FAX 03-3203-8203

資料請求、採用情報など 各種お問い合わせ

  • よくある質問
  • 働く社員の紹介
  • スタッフブログ

プライバシーAJA