山。

2019/07/25

みなさま、こんにちは。
竹の塚営業所の宮﨑です。

最近の休日、朝に起きれさえすれば行くところはひとつ


 「高尾山」


なぜ行くかと言われる理由はひとつ

 「筋肉痛になりたい」

 ・・・・・・。

と、話すと大概ぽっかーんとした顔を向けられる。

なぜ、わざわざ高尾山に?となるのですが、わたくしかなり運動音痴でして、
さらになにかと張り切ると怪我をしてしまう残念体質。

自転車乗れば全力で漕ぎすぎ腰を痛め、階段駆け上がれば、股関節を破壊し、
「よーしがんばるぞ」、って肩を回せば肩が外れる といった日常。

そんな中、出会ったのが高尾山。


基本、歩くのみなので足元に注意さえすれば危険は少なく、
なおかつ2時間程度で筋肉痛になって帰ってこられる。

わたしにとって「筋肉痛=幸せ」なのです。

しかし、何回か登っていたらやっぱり飽きてきました。

他の山にも行ってみるかと日本の低山ガイドブックを眺めペラペラ・・・

決めました。

☆ 筑波山(標高877m)(初級)




「西は富士、東は筑波」といわれるほど人気のある山だそうで、
近いし行ってみるかと思い曇り空、湿気でムシムシの中、登山開始。

今回登ったコースは、巨岩、奇岩が見られる「白雲橋コース」
さらに頂上では絶景が見られるとオススメコース。

個人的に「弁慶七戻り」は好きでした。



道中・・・

え、これで初級なの・・・・・
こんな岩まみれで道合ってるのかな・・・
いやこれが山道ってやつなのか・・・
わたしなんで登ってるんだっけ・・・
あと一歩ずれてたら落ちてたわ・・・


と、ひとりでぶつぶつしながら登山。



そう、”ぼっち”でございます。

登っている間は、体力なさすぎて話す余裕はないのでいいんですけど、
「ひとりで登るのは死ぬよ」とPALさんに言われたのが頭をよぎり急がず、慎重に、冷静に、
安全第一で歩いています。



ハウルに出てくる西の魔女が必死に階段を登っているように
汗だくになりながら、開始から2時間後、山頂へと到着。

景色は!!!



残念ながら絶景は見られませんでした・・・



頂上で景色が見られなかったことよりショックだったことが、




↓↓↓こちら↓↓↓



黒くぼつぼつしているやつ、画面の汚れではありませんヨ。




こちら、とんぼの大群でございます。ひぃ!(虫嫌い)



数100匹?1000匹?
おびただしい量のとんぼが大量発生しており頭の中はパニック。
今思い出しただけでも鳥肌が・・・。



頂上についた余韻に浸ることなく、転げ落ちるように下山しました。


・・・・・

2つ目の山、筑波山は筋肉痛にはなれず精神的にきつかった…。



しかし頂上からの絶景が気になるので近々リベンジしたいですね。



「西は富士、東は筑波」ということで



次回、富士山へ!(参加者募集中☆)

過去の記事

ワタナベ流通
東京都新宿区西早稲田2-12-5 ワタナベビル
TEL 03-3203-8489
FAX 03-3203-8203

資料請求、採用情報など 各種お問い合わせ

  • よくある質問
  • 働く社員の紹介
  • スタッフブログ

プライバシーAJA