ストレス解消法

2018/11/12

私のストレス解消法には、寝る、クラシック音楽を聴く、歩く、ぬり絵をする、などいろいろありますが、
今回は絵画鑑賞について書きたいと思います。


※『受胎告知』 フラ・アンジェリコ画


私が絵に興味を持つようになったきっかけは、イタリア旅行でフラ・アンジェリコという修道僧の描いた
『受胎告知』と出会ったことです。
やさしいタッチとやさしい色使いで、画家の見る人への愛が伝わってきてきました。
また、ヴァチカン博物館にあるラファエロの『聖ペテロの解放』という絵とも出会い、この2つの絵に再会したくて、一年経たないうちに再度イタリアへと飛んでしまいました。


※上:『夜のカフェテラス』 ゴッホ画  ※下:『楓図』 長谷川等伯画


それからというもの、絵を見ることが好きになり、日本国内を旅していても、美術館はもちろん、
お寺や神社やお城などの屏風絵や襖絵もよく見るようになり、好きな絵、好きな画家が増えていきました。


※『紅梅鳩図』 宮本武蔵画



気に入った作品に出会うと絵ハガキを買います。実物は見たいときにすぐ見ることは難しいので、
せめて絵ハガキを手元に置き、いつでも見られるようにしているのです。
学生時代、美術の成績はいつも3(5段階中)だった私。絵画の技術的なことはさっぱりわからないので、
自分が「好き」と思うかどうか、「面白い」と思うかどうかという判断基準で絵を見ています。
ゴッホの『夜のカフェテラス』も私の大好きな絵の一つです。

『夜のカフェテラス』とラファエロの『聖ペテロの解放』。
この2つの絵が好きだということから考えると、「全体的に暗い世界のなかに一部だけ光が射している」
そういう世界観が私は好きなようです。昔は「とらえどころがないから」と興味のなかったモネなどの印象派の作品も、気が付いたら絵ハガキが増えていました。

日本の絵画で一番好きなのは宮本武蔵の絵です。京都へ行くと必ず東寺を訪れるのですが、たまたま
東寺の塔頭が特別公開をしていたときがあり、行ってみたらそこに武蔵の描いた襖絵があったのです。
最初は「あの剣豪である武蔵の絵?」と、たいして期待をしていなかったのですが、その絵の前に座った
ところ、すーっと意識が自分の内面に引き寄せられていく感覚を覚え、しばらく絵の前から動けなくなって
しまいました。

お気に入りと出合う度に1枚1枚買い求めてきた絵ハガキは60枚ポケットのハガキファイルに入れているのですが、そのファイルは、いつしか10冊を超えるほどのコレクションになっています。
好きな絵を見ていると、気持ちが落ち着き、心が豊かになっていく気がします。
おりしも芸術の秋、集めた大量の絵ハガキを1枚ずつめくりながら、心をいろいろな世界へ旅立たせ、
今夜も幸せを感じるのでした。

さくらデポ 望月弘子

◯◯と私

2018/10/30

こんにちは。営業部の橋本です。

2013年11月、「Beatlesと私」というブログをUPしてから早いもので5年。
今回のブログも私の好きなことについて書かせてもらいます。
今回は欲張って2つ。


① 「高校野球と私」

1983年、PL学園のKKコンビこと桑田さんと清原さんに魅了されたのがキッカケだったと思う。
私は当時10歳の野球少年。


※当時10歳(小学4年生) 栃木県小山市の学童野球チームに所属



1991年に審判と捕手の難聴の原因になるという理由から消音バットが採用されたが、
当時の彼らの「カキーン!」という打撃音は忘れられない。
今夏の甲子園で話題となった金足農業(秋田県)だが、実は1984年の甲子園準決勝でKKコンビの
PL学園に惜敗している。スコアは3対2。勝利打点は8回裏の桑田さんの逆転ホームラン。

高校野球好きは営業に役立っている。
訪問先担当者の出身地を聞けば、その都道府県の古豪、強豪校がスラスラ出てくる。この記憶力が勉強に役立たなかったのが残念。

また、ウチの会社では2年に1度の社員旅行があるのだが、私は各地の有力校巡りを楽しみにしている。前回の札幌では「北海」と「札幌第一」、福岡では「東福岡」、沖縄では「糸満」と「興南」を見に行った。
因みに誰も同行してくれない。

高校野球(夏の甲子園)の魅力は、負けたら高校野球生活の終わりという一発勝負における直向さと
儚さだと思う。真剣にプレーをしている選手が年上にさえ思える時がある。
熱闘甲子園(テレ朝)で見せる試合後の宿舎でのおどけたシーン・・・本来の子どもっぽさとのギャップを
見るのも好き。


② 「お祭りと私」

私の暮らす台東区は199の町会があり、町会ごとにイベントがある。祭りもその一つ。
祭りで有名なのが浅草の三社祭だが、GW明けの下谷神社大祭から6月中旬位までの毎週末、
どこかの町会の祭りが開催され、御神輿がいたるところでワッショイされている。

私は金杉二丁目町会。三島神社例大祭が6月3週目に開催される。
祭り好きで地元出身の奥様の影響もあり、今では町会の青年部会に入り、準備から当日の大人神輿の
先導、子供神輿の交通整理をおこなっている。

青年部に入り、金杉二丁目町会が台東区の中でもイベントの多い町会だということを知った。
6月の例大祭に始まり、7月の朝顔市、8月の夏祭り(盆踊り)、9月のバーベキュー大会、10月の運動会、11月の酉の市、12月の餅つき大会と続く。

一番驚いたのが10月の運動会。
町会の運動会としては今年で65年目を迎え、長続き日本一ということらしい。近くの小学校をお借りして、町会の老若男女200名が集合。

競技種目は、衛生管理上姿を消しつつある「パン食い競争」や「アメ食い競争」、1等の景品が冷えているビールという「障害物競走」、町会を2分する金杉通りの右側(白組)と左側(赤組)に分かれての「綱引き」と「リレー」など、朝9時~15時まで盛りたくさん。
1レースごとに景品があるので、帰るときは両手に大袋という姿になる。



↑↑パン食い競争↑↑ ※大人の時はジャンプしないと獲れない高さ(笑)




↑ジュース飲み競争 ※ヤクルト飲み放題、たくさん飲んで大きくなろう!



それではまた次の機会に・・・。

適当無軌道紀行

2018/10/12

 はじめまして! 2018年度新入社員の久保と申します。
 板橋区は高島平にございますBBDにて、日々奮闘しております。

 休日は、いかに日光を浴びずに過ごすかに知恵を絞るような典型的なインドア人間の私ですが、
 この間突然思い立ち、ふらっと小旅行に行ってまいりました。


 江ノ島です。思いつきで出かけたので、天気が悪いのは気にしない。


 小さな島の中に、神社やらお店やら洞窟やらがぎっしり詰まっている非日常感がたまらなく好きです。
 東洋のモン・サン・ミシェルと言っても過言ではないでしょう。写真のようなザ・お土産屋さんは外から
 見ているだけでもワクワクします。木刀とか探しちゃいますよね。
 肩肘張らずに歩けるゆるい雰囲気も、江ノ島の魅力の一つだと思います。
 今日のテーマは『無軌道』なので、不漁で名物の生しらすが食べられなくても気にしない。

 日曜日なのでとにかく人が多い! 人混みに流されるままに神社へとたどり着きます。
 あまり信心深くはないのですが、せっかく来たのでお参りをし、なんとなくおみくじを引いてみました。


 最高の結果です!向かうところ敵無しでしょう。

 私は「いい結果のおみくじは持ち帰り、悪い結果だったら結んでおく」と教わったのですが、
 境内の結び所はいい結果のおみくじで溢れていました。地域や時代で変わるのでしょうか?
 なんだか愛着が湧いてしまったので持ち帰ることにしました。

 歩き疲れたのでここで引き返すことにします。目的を定めていないので気の向くまま流離います。




 江ノ電で鎌倉に移動し、お寺でボンヤリすることにしました。
 気がついた時には、地ビールとソーセージを手にしていた。ハーブの効いた大ぶりのソーセージと
 さっぱりした味わいのビールの相性が抜群でした。たまたま鶴岡八幡宮の例大祭と被ってしまい
 とんでもない混雑だったけれど知らなかったものは仕方ない!


 紫陽花で有名な明月院、もちろん9月だったので花は控えめでしたが、DIY精神の溢れる
 素敵なお寺でした。うさぎ小屋が宇宙ステーションを模していたり、売っているお守りが「宇宙守り」
 だったりと、小宇宙(コスモ)を感じます。




 木製の看板の字がかすれていて、手書きの英語での解説のほうが読みやすかった。
 丁寧に書こうという思いが伝わってくる筆跡が素敵です。逃避行の果てに人の思いやりに触れる。

 じっくり計画を立てることも旅の楽しみの一つですが、たまには何も考えずにぶらり気の向くまま本能の
 赴くまま歩くのはいかがでしょうか。何があるのかすら調べずに立ち寄ると、上の看板のように普段は
 気にも留めないようなものにも心惹かれるかもしれません。
 普段の生活でも、このような小さな感動を大事にしたいですね。

 あまり関東から出ることがないので、今後はもう少し遠出をしたいとうっすら考えています。
 リフレッシュ休暇を楽しみに、日々を生き抜きます。

BBD 久保

過去の記事

ワタナベ流通
東京都新宿区西早稲田2-12-5 ワタナベビル
TEL 03-3203-8489
FAX 03-3203-8203

資料請求、採用情報など 各種お問い合わせ

  • よくある質問
  • 働く社員の紹介
  • スタッフブログ

プライバシーAJA