ワタリュウがやってきたこと

CASE4:全国でフランチャイズ展開をされているD社様の場合

各ブランチによる在庫管理体制から倉庫一括在庫管理体制へ

全国にフランチャイズや直営店を構えるD社様が、各店舗で管理している封筒や備品などの物流改善を検討されており、当社で提案をさせていただくこととなりました。

ご依頼前の問題点
物流全体の管理者がいない
訪問して詳しい話を伺ってみると、各担当者が個別に発注などを管理しており、会社全体の物流を管理されている担当者がいないことが分かりました。
倉庫からの出荷頻度が少なすぎた
そこで、当社営業担当がD社の各担当者様から現状についてのヒアリングを行う形で、各々の業務と問題点をつかんでいき、D社様も把握しきれていない業務の全体像や問題点を明確にしていきました。

すると、現行倉庫様からの出荷頻度の少なさが、各店舗では大量の在庫を抱える要因となり、結果として、D社様での管理業務をさまざまな部分で複雑化および増大させていることが分かりました。

当社からのご提案
倉庫から毎日出荷する体制に変更
そこで、現状週2回の頻度だった出荷を毎日する体制へ変更し、各店舗での在庫管理を極力しない形での運用を提案しました。
倉庫管理を当社へアウトソーシング
また、各店舗からの受注業務を当社にて直接請け負う形にし、D社様では、ツールの作成・補充業務のみを行うという変更を提案しました。

物流改善の結果
各店舗の在庫が削減され、店頭スッキリ!
在庫の倉庫一括管理に成功し、各店舗の在庫は必要最低限へ抑えられました。今まで封筒などの在庫でいっぱいだった各店舗は、すっきりと整理されて営業スペースへと生まれ変わっています。
本部の専任担当者も減らすことに成功
また、事務作業に忙殺されていたD社様も、出荷頻度を多くしたことと受注業務自体をアウトソーシングしたことにより、専任担当者を3人から1人へと減少させることに成功しました。

ウェブからのお問い合わせはこちらから